« | »

2012 年 4 月 2 日

[Life]消極的にSNSを使って身元特定されない5の注意点

mixi、Facebook、Twitterと様々なコミュニケーションツールがありますが、ネット上で身元が特定されたりストーキングされるのは怖いですね。

SPONSORED LINK

消極的にSNSを使って身元特定されない5の注意点

1:位置情報を消す

各SNSに付随している位置情報サービスを使うのはやめましょう。
フェイスブックの場合は自動で現在地つきで投稿されることがあります。設定を見直しましょう。

画像をアップロードするのも危険です。
なぜなら、iPhoneやデジカメで撮影したものには、位置情報が残っていて専用ソフトで検出できますので、位置情報の機能はオフにしておきましょう。

2:プライベートなことは呟かない

今どこで何をしているかを投稿しないほうがよいでしょう。
その履歴をたどれば、ある程度どういう人物なのか推定でき、把握しやすいです。

自分の過去の出来事をつぶやくなんてもってのほかです。
いつ、あなたが過去に公開したブログやサイトを元に特定されるかわかりません(ブログやサイトを消していても、キャッシュサービスに残っている可能性があります)。

3:友人と繋がらない

あなたがどれだけ細心の注意を払っても、あなたがSNSで繋がっている友人があなたのプライベートを晒すことはありえます。
また、晒されなくても、その友人から辿っていけばあなたがどういう人物なのか特定することは十分に可能です。

4:好みのものをつぶやかない

自分の趣味や嗜好をつぶやけば、そこから類推してどういう人物なのか把握される場合があります。
できれば、キャラ設定をして、自分の好みでもないものをあたかも好みのようにつぶやくとよいかもしれません。

5:オフ会に参加しない

どれだけ細心の注意を払っていても、オフ会に参加してしまうと、色々なことが類推されて身元特定に繋がります。
隠していても、鋭い人には職業、住居、行動範囲を見抜かれる可能性があります。

できればオフ会には参加せず、どうしても参加したい場合は別のアカウントを作成し、そのアカウントを捨てるつもりで参加しましょう。

参考になるかもしれない記事

iPhoneとTwitterで彼氏にカレログもどきができる方法
カレログという彼氏の行動履歴がわかるアプリができましたが、そんな有料アプリ(三日間だけ無料のようですが)を使わなくてもiPhoneとTwitterで充分できます。

オフ会に参加する時に注意しておきたいこと
オフ会に参加するときに注意しておいたほうがよいと思われる事項。

夏の危険性を回避するには引き篭ればいい
夏に起こりうる危険性を回避するには、冷房のある室内に引き篭もればほぼ安全といっていいでしょう。



ネカマ日記―体験!「出会い系サイト」のウラ

著者/訳者:やなせ ひさし

出版社:宝島社( 2005-10 )

定価:¥ 1,404

単行本 ( 222 ページ )

ISBN-10 : 4796649441

ISBN-13 : 9784796649445


この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: インターネット, ウェブサイト, コラム, 生活
タグ: , , , ,
投稿日時:2012年04月02日 10:06:23
コメントはまだありません

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする

トラックバックはまだありません

TrackBack URL