« | »

2012 年 10 月 16 日

「いいね」で逮捕!?フィリピンのサイバー犯罪取り締まり

この記事はゲストユーザの投稿さんの投稿です
セレージャテクノロジーがアジア各国のフェイスブックの推定ユーザー数を今月9日に発表した調査した。 1位はインド(5939万人)、2位はインドネシア(4971万人)、そして3位はフィリピン(2986万人)で前回の調査と同じ顔ぶれであった。ちなみに日本は1621万人でタイに次ぐ5位の位置を占めている。 アジアで3位のフィリピンでは、人々が写真をアップデートしてシェアするのを好む傾向がありSNSが盛んな国の一つで、ネットユーザー数とフェイスブックの利用者数がほぼ同数という点では世界一だ。 今年3月のJetoroの調査では、携帯インターネット利用の普及率が12.1%とあまり普及していない事を考えると、かなり特異な状況だといえる。 多くの人がネットカフェのパソコンや次いでノートパソコンを用いている。この調査では富裕層の多い国ほどiPhoneOSの利用が高い傾向にあるいう結果がでている。 そんなソーシャルメディア好きの国民を憤慨させる法律が先週3日に施行された。 フィリピンでは、増加するサイバー犯罪の取り締まりを強化する法整備を進めており、その一環として、サイバー犯罪に関係する事柄に同意を示すものも最高12年18万8千円の罰金が科せられるというものだ。 例えば、フェイスブックでコメントしたり、「いいね」もその対象になるというのだ。 しかし、今週9日にフィリピンの最高裁判所がこの法律の位置停止を決定。この1週間で警察のお世話になった人はいないという。

 

[tmkm-amazon]4166608789[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

ゲストユーザの投稿 (ゲストユーザ)

ゲストユーザの投稿です。 こちらから誰でも自由に投稿できます。
カテゴリ: インターネット
タグ: ,
投稿日時:2012年10月16日 08:46:12
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL