« | »

2011 年 10 月 28 日

偽りの人間関係だなと思う瞬間

この記事はさんの投稿です
本人たちも「仲がいい」と言っていて、回りから見ていても「この人たち仲いいな」と思っていても、ふとしたことで「じつはそうでもないのかもしれない」と思う瞬間、ありませんか。 ・肝心なときに逃げられる 仲がいいと一緒にいることも増えますが、相談事やフォローが欲しいときに限っていない、もしくはそんなオーラを出している ・話がかみ合わない 一緒にいるのにお互いの話に乗るそぶりも見せず「そうなんだ~」「うん」の二言で終わってしまう ・貸した(プレゼント)した物の話が出てこない 仲がよくなるとプレゼントやモノの貸し借りをするようになりますが、貸した(あげた)ほうから話を振っていてもスルーされているときがあったりします そんな人間関係、ありませんか。
この記事を書いた人
カテゴリ: コラム, 生活
タグ: ,
投稿日時:2011年10月28日 04:13:01
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL