« | »

2009 年 5 月 24 日

[PC]USB3.0搭載パソコンは2010年初頭に販売予定

USBの次世代規格のUSB3.0に対応したコンピュータが来年初頭には販売される見通しです。
U3S6 接続:PCI Express x4 コネクタ:USB 3.0×2/SATA 3×2 これを取り付ければUSB3.0パソコンに
USB3.0の仕様を管理する「USBインプリメンターズフォーラム」が2009年5月20日に開催した報道関係者向けの説明会で、開発中のプロトタイプなどを披露した。5月18日にはNECエレクトロニクスが USB3.0規格に対応したホストコントローラーチップを世界で初めて製品化するなど、昨年11月の仕様公開から、多くの企業が開発を進めていた。 2010年初頭にはパソコンなどの機器に組み込まれて登場する見通しだ。日経トレンディネット
USB3.0とは
USB 3.0は、物理的な後方互換性を保ちつつ、最大データ転送速度が5Gbps/秒となりUSB2.0の10倍以上となった。ピンの数が従来と比べて標準では5本増えて計9本となり、USB OTG対応のオプションでは計10本となるが、ピン形状が工夫され物理的な後方互換性は確保された。 最大伝送距離はUSB 2.0の5mに対して3mとされる。 符号化方式がUSB 2.0のNRZIに対して8B/10Bと PRBSが採用され、通信モードも半二重から全二重(単信2組)となる。 給電能力がUSB 2.0の500mA (5V)から最大900mAに増やされた。携帯機器への配慮から消費電力の削減が強く求められ、ポーリングが排除され、4つの待機モードも新たに設けられた。Wikipedia
ところで、IEEE1394はどうなったのでしょう。最近、搭載パソコンをあまり見かけないのですが・・・。
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: IT, コンピュータ
タグ:
投稿日時:2009年05月24日 10:38:00
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL