« | »

2011 年 10 月 6 日

[Life]言い出せずにいた事をさりげなく伝える方法

気になっていたこと、伝えたい思いが、言い出せずにいないでしょうか。

視線で伝える

目は口ほどものを語るといいますが、視線で自分が何をしてほしいかアピールしてみてはどうでしょうか。 ただ見つめていても変態だとしか思われないかもしれないので、対象やヒントとなるものを交互にみるのもよいです。

別のものを引き合いに出す

「Cっていいよな。Dに○○してもらって」という風に、羨ましがりながら目的のことをしてほしいように発言します。 鈍感な相手だと気づきにくいので、もっと露骨に言ってもいいかもしれません。

第三者にそれとなく言ってもらう

第三者に「Aくんがさ、なんかB子にしてほしそうじゃない?」と探りをいれてくれるように頼みます。 ここまでするのなら、自分で言ったほうがいいと思いますが、場合と内容によっては切り出しにくいものです。

筆者の結論

どれもこれも面倒なトラブルや勘違いに発展することもあるので、できれば直接伝えるのがベストかと思います。 何かいさかいになりそうな内容ならば、できれば客観的に判断してくれる第三者をおいて話し合うのもよいかもしれません。
[tmkm-amazon]4947767057[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , , ,
投稿日時:2011年10月06日 06:25:48
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL