« | »

2011 年 1 月 31 日

[Work]付箋を使ったメモ帳でToDo管理

付箋を利用して、メモ帳(大学ノートでも可)をToDo管理ツールとして使いやすくする方法です。 まず、付箋を用意してください。販売されてる付箋でもよいのですが、ボトルガムに入っている包み紙は幅が広いので付箋の代用品としてオススメです。 いますぐ実行しなければいけないものは、メモ帳の用紙の角に付箋を貼り付けます。 付箋には貼り付けた日の日付、用紙にはタイトルと内容を書いておきましょう。 タイトルは一目でわかりやすいものにしておきます。 即実行しなければいけないことは少ないはずですので、角が付箋ばかりになってしまうことはないでしょう。 角に貼り付けることによって、すぐ消化しなければいけない気分になってきます。 いますぐではないが近いうちに実行しなければいけないものは、メモ帳の用紙の上に付箋を貼り付けましょう。 先ほどと同じく、付箋には日付、用紙には実施するタイトルと内容を書いておきます。 優先順位の高いものほど角の近くに付箋を貼り付けると更にわかりやすいです。 後回しでいいものは横に付箋を貼りましょう。 重要度が高いものほど上の角に近づけて張り、上の付箋が少なくなったら、角に近い付箋を上に移動するといいです。
[tmkm-amazon]B004FFCLHQ[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: ビジネス, 作業・効率化
タグ: , , ,
投稿日時:2011年01月31日 06:34:55
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL