« | »

2010 年 9 月 30 日

[参加した]創造力を刺激する!音楽×ミステリー×Evernote

「創造力を刺激する!音楽×ミステリー×Evernote」イベントに参加してきました。 今回は、EvernoteのCTO、「iPhone×iPad クリエイティブ仕事術」著者の倉園さん、漫画家の野間さんのお話を聞くことができました。 本記事はCTOの話を要約してます。 EvernoteのCTO登場 Evernoteの概念、プラン、ビジョン。 「人間の記憶のグローバル・プラットフォームになりたい」 サービスはおおまかに分類すると三つに分かれます。 エンターテイメント(娯楽)、ソーシャル(交流)、インフォメーション(情報・案内)です。 Appleの各サービスやSONYはエンターテイメントに属し、TwitterやFacebookはソーシャル、そしてEvernoteはインフォメーションに属するということ。 そのインフォメーションのカテゴリでトップを走り続けたいとのこと。 Evernoteを数ヶ月使い続けたアクティブユーザは、その後も継続して利用してくれるという統計です。 Evernoteは急成長中で、毎日1万千人ずつ増えており、ユーザ数が450万人に到達しつつあります。 日本はアメリカの次にユーザ数が多い。 日本は20カ国以上のユーザ数を誇るとのこと。 Evernote関連書籍も日本は発祥の地アメリカよりも多く出版されてる(アメリカでは近々第一冊目がでるらしい)。 デペロッパの半数近くが日本であること。 Evernoteの日本での展開は肝要であることを強調されました。 各モバイルの対応も行っており、各プラットフォームのシェアは全体的にみるとあがっている。特に、アンドロイドが抜きん出ていて(613%も増加)、ついでiPhoneが利用率が多くなっている。
[tmkm-amazon]4863540728[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: レポート・レビュー
タグ:
投稿日時:2010年09月30日 11:05:17
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL