« | »

2010 年 6 月 19 日

[Life]一人暮らしで有意義にひきこもる10のテクニック

一人暮らしの学生だけど夏休みはひきこもりたい、フリーランスだからひきこもりたい、という人が有意義に過ごせるテクニック。

1:買ってきたものを冷凍

買出しで一気に大量買いし、野菜、肉、魚など冷凍できるものは冷凍保存し、できるだけ買い物へ行く回数を減らしましょう。 自炊は大変かも知れまんが、調味料をある程度揃えておくとかなり楽です(オイスターソース、みりんなどがあると良い)。

2:リアルの関係はネットで補完

リアルの友人がいるなら、その友人にスカイプやメッセンジャーのアドレスを教え、そちらのほうで交流します。 飲み会に誘われても「オン飲み会にしようぜ」と、遊びに誘われたら「一緒にネトゲしようぜ」で十分です。

3:生活パターンを決めておく

引きこもりとはいえ、生活パターンが崩れると色々と大変になります。 ネット上で交わした約束ができなくなったりします(一緒に狩り、チャットなどなど)。

4:こだわらない

ネット上ではこだわりを捨てましょう。 こだわりが強いと人が離れ、ネットで充足することができなくなります。 「ネット上での関係」と割り切って、柔軟で賢い対応をとれるように心がけましょう。

5:室内トレーニングはしておく

室内でできる運動はなるべくしておきましょう。 体力が低下したまま引きこもってると鬱傾向が強くなりますので、健康な成人の体力はキープしておきましょう。 エアロバイクはお勧めです。

6:話題作はレンタルで補完

映画や気になる音楽はネットで借りれるレンタルコンテンツ、もしくはダウンロード販売を利用しましょう。 これなら、映画なら遅くとも一年以内には話題作を目にすることができます。 また、書籍ならamazonなどで購入すればいいですし、ものによっては全文をGoogleブックスで読めることができます。

7:ブログ、Twitterを利用

自分の充実した引きこもりっぷりを世界に発信し、誰かと会話をしたいという欲求を解消しましょう。 口癖は「ネト充なめんな」がいいでしょう。

8:スイーツ精神は学んでおく

引きこもり、ネットばかりの情報ばかりをソースにしていると、思考パターンが一方的で硬くなりかねません。 一般的な男性や女性が愛読してるようなファッション雑誌や流行モノ雑誌を読んでおき、"異文化"にも触れておきましょう。

9:パソコンまわりにこだわりをもつ

ずっとパソコンに向かって過ごすことが多くなるので、座る椅子やテーブルにはこだわりましょう。 ケーブルをまとめてスッキリしてくれる束ねる系のものもあるとよいです。 常に整理整頓しておけば、また、体に合ったパソコン作業環境なら、かなり快適に日々を過ごせます。

10:目的をもっておく

「お金を貯めるため」とか「新しい自分を発見するため」などと引きこもりをする上での目的意識をもっておきましょう。 これがないと、無駄にオンラインでお金を散財したり、荒れた行動をとったりすることが多いです。
[tmkm-amazon]4062826100[/tmkm-amazon]
[tmkm-amazon]B000WIMJ7W[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , ,
投稿日時:2010年06月19日 12:07:42
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment