« | »

2010 年 3 月 24 日

[Work]能率をあげるために気をつけるべきこと

仕事の能率をあげるために注意すべきこと、やっておくとよいと思われること。

流れを掴む

今自分はどの段階でどこまで達成しているかをしっかりと把握しておくことは重要です。 それによって、時間配分や第三者との連携がスムーズになります。

先読み、可能性を考える

Aを作成するとBが発生して、結果的にCが生まれるなど、先読みをして起こりうる可能性を考えましょう。 「ま、いっか」とか「面倒だ」という安易な気持ちでいると、あとで大変な場面に出くわすことになるでしょう。

モチベーションを維持する

ずっとモチベーションをもって仕事を続けることは難しいことですが、そのために創意工夫をしているかいないかでは大きく違います。 過去の記事、仕事のモチベーションを持続させる3つのコツ無気力をなくす7つの試みなどを参考にしてみてください。

的確な資料を集めておく

資料集めは大切ですが、その資料が漠然としたものや理解しがたいものばかりだと、あまり意味がありません。 的確かつ詳細で、仕事を助けてくれるような資料選びをしましょう。

人との繋がりを厭わない

ふとした時や行き詰った時に、思いがけないとこからヘルプが入ることもあります。 人間関係をないがしろにせず、できれば円滑な関係でいられるようにしておきましょう。 自分では思いつかないようなアイデアやアドバイスがあるかもしれません。
[tmkm-amazon]4883997332[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: ビジネス, 作業・効率化
タグ: ,
投稿日時:2010年03月24日 01:44:38
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment