« | »

2010 年 3 月 17 日

[Work]初見で納得させる5つのテクニック

自分が提案したプランを初見でも納得させることができるかも知れない5つのテクニック。

長い話か短い話か

相手の性格によって、あるいはそのときの状況(忙しいか否か)から判断し、話す内容は短くしたり長くしたりしましょう。 じっくりと話しを聞く姿勢のときに短く終わると拍子抜けしますし、だからといって忙しいときに長々と話されると嫌なものです。 あらかじめ、その相手や会社の情報を仕入れ、臨機応変に対応すべきです。

傾向を探る

相手の年齢層や考え方の傾向を探り、相手の心をくすぐるような話術を心がけましょう。 心地よくさせたとこで、ビジネス上のメリットを提示すると賛同を得やすくなります。

資料を見せる

資料があるかないかで、印象は大きく違います。 できるだけ、資料を集め、あるいはグラフや分布図などの明示的なものを添えて(変に細かくしなくても、簡単なものでも充分です)、説明するといいでしょう。 これだけでも信頼度がグッと増し、スムーズに展開しやすくなります。

姿勢を改める

会話中の姿勢や物腰は、相手はつぶさにチェックしているものです。 せわしなく手足を動かしたり(落ち着きがない)、やたらと首肯が多い(話を聞いてない)などはマイナスイメージです。 居ずまいを正し、かつ相手にはリラックスして聞いてもらえるようなムードを作るように心がけましょう。

誠実さを出す

そのプランをキッチリと遂行すること、また、相手側にもメリットがあるように誠実な対応をすることを前面にアピールしましょう。 ビジネスだと割り切った非人間的な態度や対応をほのめかしていると、相手は眉をひそめて疑わしげに見るものです。
[tmkm-amazon]4478701903[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: ビジネス, 技術、知識
タグ: , , ,
投稿日時:2010年03月17日 10:41:50
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL