« | »

2010 年 3 月 11 日

[Love]恋愛上手になる十二の考え方

異性との仲がなかなか進展しない、相手の気持ちがわからずに失敗してしまうときに、自分の考え方を刷新してみましょう。

1:違いをできるだけ知っておく

男女というだけでなく、その人の家族構成や生まれ育った環境でも考え方や価値感は異なっています。 あなたが気にならないような過剰なコンプレックスをもっているかもしれません。 敏感に察し、違いを知っておく必要はあります(ただし、気疲れしない程度に)。

2:受け入れる

相手の言動を思い計ることをせずに、表面上だけで批判をするのはストップしましょう。 吟味する時間を置いてから、徐々に受け入れる態度をとれば、不要もしくは不毛な議論などを起こさなくなります。

3:ひとりで解決しようとしない

気持ちのすれ違いや違和感があるなら、ひとりで解決しようとしないで、友人・知人に相談し、適切な方法を探しましょう。 ひとりで頭を悩ませると、思いがけない事態に発展することがあります。

4:演じない

相手の好みに合わせようとして、普段の自分とは違う人物像を演じるのはやめましょう。 自分という実態のない恋愛は、長く続かず、続いたとしても本心を相手に伝えることの恐れが発生し、仲が深まることを妨げていきます。

5:過度に要求しない

相手にはこうあってほしい、こうしてほしいと自分の理想を要求するのは好ましくありません。 相手は「自分が受け入れられてない、ふさわしくない」と思い、徐々にあなたから離れていくことでしょう。

6:段階を飛ばさない

付き合っているからといって、時間帯や場合をわきまえずに相手を呼び出したり、付き合って間もないのに結婚話を始めるなどの行為はなるべく避けましょう。 人によりますが、あまりいい印象を与えないのは事実です。

7:挨拶、感謝を忘れない

親しき仲にも礼儀あり、ということです。 朝や別れの挨拶、プレゼントやエスコートしてもらったときなどは感謝の言葉をだしましょう。 また、何気ない日常で感謝の言葉を発するのは特に効果的といえます(「なにかあるんじゃないの?」と勘ぐられることもありますが)。

8:記念日は覚えておく

特に男性が女性に対して重要なことでしょう。 記念日をしっかりと覚えていて、その日になにかしらのイベントを用意しておけば、好感度も親密度もかなりアップするといえます。

9:好みを覚えておく

前述の8に付随してですが、相手の好みをしっかり覚えておき、それに沿ったプレゼントやイベントを行うとよいでしょう。 ちゃんと覚えていてくれたという喜びがなにより大きいのです。

10:同性の話題はしない

これは8と同じく、どちらかといえば男性が気をつけるべきことでしょう。 彼女の前で通行人の美女に見とれたり、「かわいい」と言ってはいけません。 嫉妬や比較(批判)された、という感情にさせないためです。

11:占いを中心にしない

占いを信じてる人は「この人とは相性が悪い」と決め付けて、理解することをストップするのはよくないです。 占いを信じてない人は、信じてる相手をバカにするのではなく、イベントを盛り上げる戯言だと割り切って接しましょう。

12:友人も大切に

友人も大切にしましょう。 友人から、恋愛に関して学ぶだけでなく、自分や異性の行動が正しいのかどうかという判断基準にもなることがあります(接し方の違いも分かることでしょう)。 恋人ができた途端、他の人間との付き合いがなくなった、という状況はあまりよろしくありません。
[tmkm-amazon]4766208676[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , , ,
投稿日時:2010年03月11日 03:19:40
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL