« | »

2009 年 12 月 23 日

[Life]無用なトラブルを避ける注意の仕方

人間関係において、なるべくトラブルや捩れを避ける注意の仕方。 a0960_000103_m --- 直接は避ける --- 直接注意すると色々と危険が伴うため、できればそれは避けましょう。

近隣住民

近隣住民に対して注意すべきことがある場合は、その自治体のリーダや管理者に進言しましょう。 アパートやマンションの場合は、不動産や大家に連絡し、間接的に注意してもらいます。

職場の同僚

上司が一番よいのですが、上司が信頼におけない場合や、相手の性格上問題がありそうだと感じたら、第三者の同僚に仲介役を頼みましょう。

通行人

通行人に直接注意をするのはかなり勇気がいることですし、危険と隣り合わせです。 違法行為や自治体のルール(禁煙地域での路上喫煙など)に反することなら警察に相談しましょう。 駅なら駅員に、ある店の私有地なら店員に注意をしてもらいましょう。 --- 直接注意するなら ---

荒げない

興奮して荒々しい言葉を投げつけず、冷静に話しかけましょう。 特に、相手の外見などに関する攻撃などはタブーです。

目立つ場所で

相手が友人や知人なら、ファミリーレストランなどの比較的人目につく場所で、通行人などの知らない相手なら明るい目立つ場所で注意しましょう。

プラスも主張する

相手は注意されることがマイナスだと感じるので、間違いを正すことにはプラスがあることを伝えましょう。 「路上喫煙してると罰金とられるよ」とか「騒音だしてると、警察がくるよ。今ならまだ大丈夫」などなど。 ただし、あたかも自分がルールの見本かのような態度にでると相手の感情をさかなでるので注意が必要です。
[tmkm-amazon]4794213123[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , ,
投稿日時:2009年12月23日 03:38:36
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment