« | »

2009 年 10 月 10 日

[Work]会社で成長する人としない人の違い

会社で成長してドンドン結果を残せる人と、成長せずに停滞もしくは劣化してる人との違い。 001853

愚痴が多い割りに仕事量が少ない

成長しない人は、愚痴が多い割りに実際に受け持っていたりこなしている量の仕事が少ないです。 ある程度こなせるようになってから愚痴を言いましょう。 自分の手よりも口がドンドン動くタイプは、典型的なダメ社員になる恐れがあります。

上司に褒められる人をバカにする

成長しない人は、上司に褒められたり取引先に気に入られてる人をバカにする傾向があります。 何故その人物が気に入られているのか、じっくり分析すべきで、バカにするものではありません。 自分が真似できそうな良い点があれば、吸収して使ってみましょう。

学生気分が抜けない

新入社員に多いといえますが、学生気分が抜けない人は成長が滞りやすいといえます。 学生気分というのは雇われているという感覚や経営の一部であるという観念が欠如してますので、将来的に会社に損害を与える行為をする場合があります。

責任転嫁する

自分のもっている仕事に責任をもてない人は、いつまで経っても成長しないでしょう。 責任を上司や同僚などのせいにするのはもってのほかです。

目立つことを避ける

恥ずかしいからといって、ビジネスにおいて目立つことを回避すべきではありません。 目立つことによって、責任やよいパフォーマンスを見せるための決意や心理が生まれ、あなたを成長させてくれるはずです。
[tmkm-amazon]4840127719[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: ビジネス
タグ: , ,
投稿日時:2009年10月10日 03:15:15
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL