« | »

2009 年 7 月 14 日

[Soft]Operaで自宅サーバーが簡単にできる[1]

Opera10の機能であるOperaUniteを利用すると、自分のもつローカルマシンをウェブサーバーやファイルサーバーとして公開できることが可能です。 OperaUniteのインストーラをダウンロードし、実行します。 196 まず言語設定をして、インストールを開始します。「日本語」を選択して「OK」をクリック。 「設定の開始」→「同意します」→「次へ」→「インストール」の順にボタンをクリックし、インストールを実行します。 インストールが完了しましたら、Operaを起動し、 72 メニューの「ツール」→「Opera Unit Server」→「Enable Opera Unit」を選択。 83 セットアップの開始です。「次へ」をクリック。 92 ここでOperaのアカウントを取得します。アカウントがなければ公開はできません。 「Username」は任意のユーザ名、「password」はなるべく類推しにくいパスワードを、「E-mail address」にはメールアドレスを入力します。 UsernameはそのままURLの一部になるので、必ず半角英数字にしましょう。 「I agree...」をチェックマークし、「次へ」をクリック。 ユーザ名が他のユーザと重複していなければ問題なくアカウントが作成されます。 104 「Computer name」を選択し、「完了」をクリックします。 以上で、あなたのアカウント用のURLの生成及びインストールはできました。 ウェブサーバーの設定は続きの[2]で解説します。
[tmkm-amazon]4877830588[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: インターネット, コンピュータ, ソフトウェア, ブラウザ
タグ: , , , ,
投稿日時:2009年07月14日 07:01:59
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

1件のトラックバック

TrackBack URL