« | »

2009 年 6 月 25 日

[Soft]ISOファイルをDVD-Rに焼く(書き込む)ソフトImgBurn

LinuxやWindows7のRC版、そのれ以外にもISOという形式のファイルでダウンロードが提供されていることは多い。 ISOファイルのDVD-RやCD-Rへの書き込み(焼くとも表現する)がわからないし、市販のライティングソフトをもっていないという方にお勧めなのがImgBurnです。

ImgBurn

英語ソフトですが、使い方は比較的簡単ですし、日本語パッチも存在します。 今回は日本語化を行ったうえでの説明をします。英語のままでいい場合は、日本語化の説明は読み飛ばしてください。 181 公式サイトからダウンロードします。 ページ上の「Download」ボタンをクリックすると、ダウンロードリンクがあるページに変わります。「Mirror....」といったリンク一覧がありますので、どれか任意のものをクリックします。 すると、ダウンロードページに行き、ダウンロードができます。 318 プログラムを実行して、インストールします。「NEXT」をクリックするだけで大丈夫です。 次に、日本語化パッチを日本語化工房-KUPさんからダウンロードします。 ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、その中にある「Japanese.lng」ファイルをImgBurnをインストールしたフォルダにあるImgBurn¥Languagesに保存します。 ImgBurnを起動し、「Tools」→「Settings」を選択。 81 「General」タブにある「Languages」項目を「日本語」に設定して「OK」をクリック。 ここまでで、日本語化は完了です。 次に、ISOファイルをDVD-Rに書き込みします。 9 光学式ドライブにDVD-Rを挿入し、「イメージファイルをディスクに書き込み」をクリック。 102 「ファイル」→「書き込み」を選択し、書き込みたいISOファイルを指定します。 あとは、書き込みが完了するまで待ちます。 パソコン環境にもよりますが、2GB程度のもので数分~30分程度で終わると思います。
[tmkm-amazon]477411703X[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コンピュータ, ソフトウェア
タグ: , , ,
投稿日時:2009年06月25日 07:30:14

4件のコメント

  • TUBOKAWA
  • 村田霧人
    Twitter: olivesystem
  • 波多野
  • 村田霧人
    Twitter: olivesystem

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment