« | »

2009 年 6 月 20 日

[育児]子供を叱るときに気をつける事

子供への叱り方は注意しないと、その子にとってプラスどころかマイナスになる場合があります。 以下のことに気をつけ、叱ってみましょう。 1186542_71833909

感情的に叱らない

感情に任せた叱り方は、子供の理解が追いつかなくなるだけではなく、自己を否定されたように捉えてしまいます。 怒りのピークは3秒を過ぎると冷めていくので、心の中で「1、2、3」と数えたあとに叱ります。

目をしっかり見て話す

目を見つめ、ゆっくりと喋ります。見つめることで、子供が耳を傾けると共に、表情から心理状態を探ることができます。 不安や恐怖の顔をしてるのなら、安心できるように語りかけましょう。

平易な言葉を選ぶ

難しい言葉は避け、できるだけ子供に合った言葉で叱ります。 その子にとって理解しやすい喩えを用いると尚よいです。

理由を明確に

叱った理由を曖昧にしたり遠まわしにせず、噛み砕いた表現で教えます。 子供は疑問にもつことが多いので、邪魔臭がらずに、丁寧に対応します。

抱きしめる

子供は、叱られると拒絶や否定を感じてしまうものです。 叱ったあとは、しっかりと抱きしめて安心させましょう。嫌ってない、拒否していない旨を言葉でも伝えましょう。
[tmkm-amazon]4022616091[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , ,
投稿日時:2009年06月20日 03:01:13

1件のコメント

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL