« | »

2009 年 6 月 16 日

[Life]雰囲気イケメンになる17のテクニック

なんであんな男がモテるんだ・・・と嫉妬と共に疑問をもったことはないでしょうか。 容姿は普通っぽいのにモテる男性は、実は雰囲気イケメンになるテクニックを使っているのです。 918301_11514801

1:落ち着き

雰囲気イケメンは大概落ち着きを兼ね備えてます。 どのような事態にあってもあたふたと慌てず、どっしりと構えましょう。

2:やたらと口を出さない

誰かの言葉に反応して、「それは違う」だとか「AはBだよ」と知識人ぶってはいけません。 やたらと口を挟む男は虚栄心の塊に見え、マイナスイメージが付き纏います。 相手の意見や話しをしっかり聞いたうえで、反論や意見を丁寧に淡々と述べましょう。

3:オシャレに気を使う

無理にオシャレをしなくてもいいので、最低限見栄えがきく格好をしましょう。 オシャレを楽しむ3つのポイントを参考にしてください。

4:アゴを引いて笑う

ゲラゲラと下品に笑うのではなく、顎を引き、爽やかに笑いましょう。 コツを掴むまで難しいかもしれませんが、これができるようになるとかなりポイントは高いです。 失敗すると気色悪いニタニタした笑いになるので気をつけてください。

5:目で語る

考え事をしてるキリッと引き締まった目が好まれます。 ラルクアンシエルのhydeあたりを参考に練習するのがお勧めです。

6:顔を気にする

不精髭は本当に似合う男性以外はしないのが望ましいです。 髪は寝癖を直してヘアワックスで潤いをだし、鼻毛や首や顔にムダ毛が出てないかチェックしましょう。 また、吹き出物や肌荒れにも注意を払いましょう。

7:匂いにも注意

汗臭かったり、本来もつ体臭がキツイ場合があります。自分ではわからないので、他人に聞くのもいいかもしれません。 デオドラントをしっかりしましょう。

8:歩調を合わせる

女性と一緒に歩く場合は、歩調を合わせましょう。 スタスタと先に歩く男性は身勝手にみえる上、落ち着きのない印象を与えます。 歩調をあわせてもらえることによって、女性は守られてる感を抱く場合もあります。

9:褒め言葉は照れない

相手を「かわいい」とか「キレイ」というのに照れずに言えるようになりましょう。 スマートに言葉がでれば、かっこよさを演出できる場合もあります。

10:ほどよく筋肉

筋肉をつけましょう。 ムキムキすぎず、細すぎない適度な筋肉をつけておきましょう。

11:少年っぽさを出す

遊ぶとこは思いっきり遊んで少年らしさを演出しましょう。 普段とは違う一面をだせ、それにトキメク女性もいるはずです。

12:子供の扱いに慣れておく

子供の扱いに慣れていれば、女性がワガママな発言をしたときに迅速な対処ができるようになります。 その対処によって、できる男(イケメン)だとアピールできるのです。

13:歌がうまい

歌が上手な男性はイケメン率が上昇する傾向にあります。下手だと、逆にイケメンでもマイナスイメージになる場合があるようです。 カラオケで練習しておきましょう。

14:癖をなくす

爪を噛む癖、貧乏ゆすり、頭を掻く癖などはしないようにしましょう。 不潔や落ち着きがない心象を与えます。

15:男女別

女性を男友達のように扱ってはいけません。 シーンによっては、女性経験の少ない器の小さい男のようにみえるかもしれません。 男性と女性の違いをしっかりと見定め、対応しましょう。

16:歩く姿

猫背やうつむき加減な歩き方ではなく、背筋が伸びたお腹に力の入った状態の歩き方をしましょう。 自分が空から頭を糸で吊り上げられているイメージです。

17:思い込む

ナルシストまではいかなくても、自分がある程度イケてると思い込むことは大事です。 その思い込みが顔にでて、豊かな表情やセクシーな表情を生み出すことがあるのです。 ここまでの16項目の努力をしたから「イケそうな気がする~」という気持ちでいましょう。
[tmkm-amazon]4881241907[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, スタイル, 生活
タグ: , , , ,
投稿日時:2009年06月16日 01:00:56

2件のコメント

  • a
  • 霧人
    Twitter: olivesystem

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment