« | »

2012 年 5 月 14 日

[Life]体調を整える11の法則

来週に大切な約束や用事があるので、体調を整えておきたい時のライフハック。 内容は目的の日まで一週間前と前提としてます。 1185102_84068592

1:睡眠を適切にとる

睡眠が短すぎても、長すぎてもいけません。 人によって適切な睡眠時間が異なると思うので、自分に合った睡眠時間でのサイクルを作りましょう。 一般的にいわれてるのは、6~8時間程度です。

2:コリを解消する

肩や腰の張りやコリは、他の部分で庇ってしまい、全体的に疲労が蓄積する場合があります。 マッサージ、湿布などを併用し、体のコリを取っておきましょう。

3:食事を適切にとる

栄養をしっかり摂らなくてはいけませんが、食べすぎは厳禁です。 食べすぎは胃のもたれや腸の疲弊に繋がり、体の疲れや人によってはアトピー症状がでます。

4:運動を適切にする

自分にとって適切量の運動をしておきましょう。 運動不足は、予期せぬケガや体力の低下を招きます。

5:バスタイム

お風呂にゆったりと入り、全身の血行と筋肉の張りを改善できることでしょう。 20分ほど入浴(できれば半身浴でのぼせないように)していれば、新陳代謝を高める効果が期待できます。

6:ストレスを溜めない

ストレスによって、胃潰瘍、胃炎、下痢や嘔吐などを発症します。 なるべくストレスを溜めず、趣味などで発散しましょう。

7:靴を新調しない

靴を新調し、履き慣れていないせいで足や腰に負担がかかり、大切な日が台無しになることもあります。 靴はなるべく履きなれたものが望ましいでしょう。

8:湿度と温度を保つ

湿度と温度が低いと、風邪やインフルエンザにかかりやすい傾向にあります。 湿度が足りない時は加湿器で50~60%程度にし、部屋の温度は暖かめにしてなるべく服は薄着ではないものにしましょう。

9:清潔にする

帰宅後の手洗いとうがいは勿論のこと、外出先での衛生面も気をつけます。 たとえ出先でも、食事や口にアメなどを入れる場合は手洗いしましょう。

10:天候や気候の変わり目をチェックする

急な天候などの変化に体力が奪われることもあります。 日々の天気や気温をチェックし、適切な服装で出かけるようにしましょう。 昼と夜で温度差が激しいこともあるので、カーディガンなど上に羽織れるものを持っておくとよいです。

11:リズムを崩さない

就寝時間や食事時間などを一定にして、バラつきがないようにしましょう。 新たに何か始めたりすると、生活リズムや体調が崩れることがあるので、いつもどおりの健康的な生活を心がけるとよいです。
元記事:体調を整える9の法則
[tmkm-amazon]484074243X[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , ,
投稿日時:2012年05月14日 10:06:03
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL