« | »

2011 年 12 月 11 日

[Life]ケチな上司や先輩に奢ってもらう5つのポイント

いつもワリカンで一度も奢ってもらったことがない。たまにはあの先輩や上司に奢ってもらいたい!という時の奢ってもらうポイント。

1:褒める

褒めて「奢ってやろう」という気分にしましょう。 やたら褒めすぎてもわざとらしかったり裏があると思われます。店を出て会計をする10~30分前を目安に、自然な流れで褒めましょう。 また一緒に食事をしたいと思わせるような褒め方がよいです。

2:弟役になる

可愛い弟や妹のようなポジションなら、相手の財布の紐も緩むことでしょう。 普段から挨拶や返事はハキハキとし、尊敬していますという雰囲気をだしておくとよいです。 相手の人生哲学や考え方などを丁寧に聞き、語りたいと欲求を満たしておくと好印象です。

3:経済的なピンチをアピールする

出費があり、手持ちのお金が少ないことをアピールしましょう。 アピールをしすぎると勘付かれるので、会話の自然な流れで具体的にどのような出費で金銭的に困窮しているか発言します。 「今月、友達の結婚式が二件もあって、お金が厳しい」などといった感じです。

4:比較対象を持ち出す

下手にすると諸刃の剣な方法ですが、「○○さんに奢ってもらった」と言った会話をするとよいです。 最近奢ってもらえた話なら「じゃあ、いいだろう」となってしまいますので、数か月前や一年前に奢ってもらった話をして「○○さんはやっぱ男気ありますね」とそれとなく比較してしまうような発言をします。

5:給料日を狙う

どれだけ奢ってもらいたくても、相手の金銭が少ない状態では難しいものです。 相手の給料日の数日後を狙って、飲み会や食事の約束をしましょう。 毎回そうだと怪しまれますので、ほどほどに狙って誘うとよいです。

おわりに

奢ってもらいたい気持ちが強い人は、大概なんらかの人間的いやらしさが見え隠れしていることが多いです。 たまにならよいのですが、あまり頻繁に「奢ってもらおう」とすると人間関係がギクシャクするので、注意が必要です。
[tmkm-amazon]4879196290[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , ,
投稿日時:2011年12月11日 08:51:50
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL