« | »

2011 年 6 月 28 日

[Work]仕事をする上で気づかないことを気づくポイント

仕事をしてる上で一人で気づかないことを見出す方法。

他の人と比べる

他の人の作業や進行の仕方を自分のものと比べてみましょう。 すると自分の無駄だった部分や逆にどんどん伸ばすべきプラスの部分が見えてきます。 重要なのはネガティブにならずに、自分にとって必要なものや気づいてなかった悪癖を改善することです。

ビジネスの会話に参加する

チャンスがあれば同僚や先輩などと仕事に関する話題をどんどんしましょう。 交流を深めるというより、「こういう風に考えて仕事しているんだ」と知ることができます。 フリーランスの場合は、積極的にセミナーなどに参加してそういった知見を広げましょう。

相手が無駄なことをしている真意を探る

自分が「これは無駄だな」と思った事を他の人がしている場合、何故そういった行動をしているのか分析しましょう。 もしかしたら必要なのかもしれませんし、実は回り道をする理由があるのかも知れません。 それによって、効率化な方法を更に見出すこともできるでしょう。

マニュアルを漫然と実行しない

もし会社にマニュアルがあるのなら、そのマニュアルの意図を把握した上で実行しましょう。 マニュアルには意味がない箇所はないはずですし、そのマニュアルの真理を知っていれば、いざというときでも柔軟に対応できるはずです。 たとえば「お客様が快適に過ごせるためにAというマニュアル」があった場合に「お客様がBのほうが快適だと思っている」という事実があった場合に無理にAを実行する必要がないことがわかります。

おわりに

仕事は他者との関わり合いの上で成り立ってますので、思い込みや先入観は避けたいものです。 ちょっと角度を変えるだけでも、「ああ、こうすればいいのか」と見えてくることもあります。
[tmkm-amazon]4777106314[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , , ,
投稿日時:2011年06月28日 10:55:22
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

1件のトラックバック

TrackBack URL