« | »

2011 年 5 月 26 日

[Love]やっちゃった感がハンパない恋愛テクニック

やあ!みんな!元気かーい?たまにあるよね「よかれと思った恋愛テクが裏目にでた」ってこと。 今日は、そんなやらかした男性の話をお届けするぜ。

女子を見つめる

あんまり見つめすぎて、ストーカーだと思われたり「キモイ」って言われたりするんだね。 こんなの「ただしイケメンに限る」行為なんだぜ。 無理に見つめるんじゃなくて、さりげなく会話もいれようよ! 「いい天気ですね~」というわざとらしいセリフでもいいから、何も言わずに見つめるよりはGoodだぜ。

肩に手を置く

親しみをこめて肩に手を置いたつもりが、慣れなれしいとかセクハラだとか思われちゃったね! 普段下ネタとか下世話な冗談言ってると、尚更そういうふうに思われちゃうんだぜ。 肩には手を置くのは自重して、相手との距離感はちゃんとはかろうぜ。君は親しいと思っていても、女子のほうは実は敬遠してるのかもよ。

視線が合って笑う

笑顔はね、爽やかなイケメンじゃないかぎり、突然されても驚くだけだよ! 何か企んでるとか、スケベな目で見られると勘違いされるのが関の山さ。 たまたま視線が合っただけで笑うのはやめ、会話の途中でさりげなく笑顔をふりまくことをお勧めするぜ。

プライベートなことを聞く

「彼氏いるの?」とか「明日何してるの?」とか聞いて、嫌悪感丸出しで無視されちゃったね! これも親しさを見誤ってできた壁のひとつだね。 君が思っている以上に女子はナイーブで余計なことを知られたくないんだよ! 初対面なのに彼女たちがペラペラ自分のことを喋るときは、相手がイケメンの時くらいさ。

おわりに

やっちゃったものは仕方ないさ!今度から気をつければいいだけさ! 後ろを振り返ってばかりいても、卑屈になって益々女子にモテないだけだぜ。
[tmkm-amazon]4309650546[/tmkm-amazon]
この記事を書いた人

村田霧人

投稿者の Twitter: @olivesystem

カテゴリ: コラム, 生活
タグ: , ,
投稿日時:2011年05月26日 05:06:38
コメントはまだありません

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

トラックバックはまだありません

TrackBack URL